FC2ブログ
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット

皆でHAPPY♪ ~GS物語~

サークルのイベント報告・GS情報・SM・日々の出来事・自身について等を、赤裸々に書いていけたらと思います^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カップル喫茶報告page2


前半の続き

3戦目が終わると時刻も終電が無くなる1時を指し、周りのカップルさんも残り5組と少なくなり、眠気と体力の消耗もあり、プレイルームでMちゃんと添い寝zzz

僕の胸の上に頭を乗せスヤスヤと寝ているMちゃんを傍らに、隣にカップルさんがいたのでお話し♪


結局僕は寝ないで、その後スッキリ目覚めたMちゃんと、本日最後の対戦♪


ここのところ頻繁にパーティーに参加してくれているMちゃんですが、実はガチでプレイするのは初めて。

喫茶に一緒に来てくれたのもあり、感謝の念を込めて、少し長めにプレイ報告をしようと思います
〆(∇≦  )


愛撫を始める前にジッと見つめ合い《君のことあれやこれやして食べちゃうぞ~!》と言う視線を送ってから、先ずはフレンチキス

そして再び見つめ合ってから、次は舌を絡めディープキス

普段は他の女性ともプレイする僕ですが、この時ばかりは彼女が特別な存在


口元から唇を耳元へと移し、優しいkissを這わせると

「あぁ あん あぁん」

首筋から鎖骨や肩へとkissは続く

と同時に指先は脇腹や乳房へ

「あっ あん きもちぃ あぁ」

乳房にも唇を寄せ、もう片方の乳房も左手で焦らしながらさする

刹那、乳首をススッと触ると

「あああっ あはぁ」

少しの刺激だけでかなり感度が上がっている様子

僕「どうしたの、大きな声を出して?」

「ああん だってキョウさんの触りかたきもちいいんだもん あっあん」

僕「そうなんだ、それは嬉しいね」

とまた唇にkiss♪


kissとソフトタッチは下腹部を過ぎ、彼女の秘部へと近づく

ここでも焦らしを与えながら、次第に意地悪モードに移行する

膣周りや内股だけを数分愛撫すると

「あぁああぁー もぅだめぇえ」

僕「何がダメなの?」

「はあっ はぁ なっ なめてくださぃ あぁ」

僕「ん、どこを舐めるの?」

「いやっ はずかしいよ~ ああん」

僕「それじゃあ分からないな~ ちゃんと言ってごらんよ」

「あっあん あぁ クッ あぁん クリをなめてくださいっ あぁあ~」

僕「やっぱりクリトリスが一番好きなんだね~、厭らしい子だな~」

そしてリクエスト通りに舌先をチョロッと陰茎に当てる

「はあっ つっ あぁ きもちいい きもちぃ あぁ~」

僕「そう言えばさっき、クリで逝ってたよね 他の男性で逝って嫉妬してたよ」

と続けざま、次は陰茎に爪先を当て、Gスポットも責める

「あ゙あ゙あ゙あー だめっ だっ ああ゙ぁぁ いっ いっちゃう~ ああー!」

ビクンビクンとしながら逝ってしまっているMちゃん

然し、快楽主義のMちゃんなので、このくらいでは止めません

僕「ダメだな~、このくらいで逝ってちゃ まだ1回しか逝ってないんだから、さっきの男性と同じ数じゃ許さないよ」

嫉妬心をチラつかせながら、まだ逝き続けているMちゃんに、立て続けに快感を与える

今度は陰茎と、彼女が膣内で最も感じると思われるGスポの更に奥を刺激する

「ひぃあー あんあん あぁだめっ でっ でちゃう でちゃう~」

僕「しょうがないよね~、中で一番感じるポイントだし ほら、我慢我慢」

「いやっ あはぁっ だめだめ いっくぅ~」

彼女は普段殆ど潮吹きをしないそうですが、バスタオルを半分ダメにする程、大量に吹きながら逝ってくれました


そしてオーラスの挿入

SM嗜好もあるMちゃんに、頭を鷲掴みしながらイラマを敢行し、股間が膨れ上がった後は、ようやく正常位で挿入しようとするが、ここでも焦らしを与える

熱り立つ男根で入り口付近だけをゆっくりと突き、先端が愛液まみれになっている男根を、時折陰茎へ擦りつけたり、ググッと挿れるフリをし男根を膣外へ弾く

「ああぁあ もっ もうがまんできない はぁ はぁ 奥まで 奥まで突いてください ああぁぁぁー」

狂ったように懇願するので、ゆっくりと徐々に彼女が最大限感じる最深部へと侵入する

ずぶっ ぬぷっ ずぶり

「はああぁー きっ きもちぃです 奥が おくが~」

僕「へぇ~、そんなに気持ち良いんだ そう言えば他の人のでも感じてたもんね、誰のでも良いんでしょ?」

「ああぁぁぁー キョ キョウさんのが一番きもちぃ ああん すっ すっごいきもちいぃ~ あっ あぁ あぁぁー」

焦らしと最深部への挿入を繰り返しながら、髪の毛を鷲掴みにし、犯されてる感を増幅する

そこから更に首を絞めつけ陰茎も弄り、逝きそうになっているので、ピストンの回転を上げる

「いっ ああぁ いっちゃう いくっ ああ゙ぁ゙ぁぁー いっくぅぅぅ」

陰茎で感度を上げ、挿入の快感もプラスし、クリ逝き直前で挿入だけの刺激にすると、本日3度目はオーガズムは膣逝きです

その後もバックや、まんぐり挿入で卑猥さを増したプレイを諭しみました^^


4時に喫茶を退店した後は、今度は同じ喫茶でもマンガ喫茶へ。

ここでもエッチしようかと思っていたら、カップル喫茶でゴムを貰うのを忘れ、計画はおじゃんに〓■●バタッ

でも、性豪のMちゃんからは「もう充分満足できましたよ♪」と及第点をいただきました、良かった~
(=∩。∩=)ホムホム


そして昼まで睡眠を取り、ランチを食べた後に、駅まで手を繋いで歩き、また再会の約束をして家路につきました☆彡キラーン






画像はランチを食べた和食店で、偶然見つけたお店でしたが、内装の雰囲気が良くて気に入りました♪

※ランチはビュッフェ形式
  1. 2013/06/22(土) 07:00:50|
  2. 個人活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<グルメツアーin鎌倉 2013 | ホーム | カップル喫茶報告>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyobrog.blog101.fc2.com/tb.php/96-3cc64608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。